スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古典

古文解釈の方法

古文解釈の実戦 初級問題集

古文解釈の完成 中・上級問題集

東大の古文は平易な文章が出題されるのですが、答え方が難しいことが多いです。
古文は左『古文解釈の方法』と真ん中の本『古文解釈の実践』を用いていました。
この本のおかげで古文が読めるようになりました。センスが身についたと言ってもいいかもしれないです。
『ビジュアル英文解釈』古文版のイメージでいいと思います。
『古文解釈の完成』までは使いませんでした。よほど時間が余らなければ必要ないはずです。
『古文解釈の実践』までで東大に対応できます。 これは、あくまで解釈であって、採点基準にしたがって記述答案を書く練習ではないです。
あくまで古文を読めるようになるための段階です。

実戦トレーニング古文単語600

600語ぐらいは覚えていきたい。単語は覚えてれば覚えてるほど有利。

ゴロゴ手帖 増補改訂版―古文単語ゴロ565 全イラスト付 大学入試

受験勉強始める前でしたが面白かったので購入しました。
手帖版は余計な情報がなくゴロとちょっとした助動詞解説しかなく使いやすかったです。
当時の人々が何を考えていたのか、どういった生活や風習だったのかを知らないとまともに読めないです。

読み解き古文単語 改訂版

本書は『速読英単語上級篇』みたいなイメージでとらえてもらえればいいのですが、
そこまで古文に時間をかけたくなかったため、僕は最初の数ページでやめました。

田中雄二の漢文早覚え速答法―試験で点がとれる (大学受験V BOOKS)

最低限必要な事項が詰まってます。
昔はどうだったか知らないですが、今はこの本だけでは対応できないと思います。

宮下の漢文ホットバイブル

宮下典男の速解即答 漢文15の秘訣 (達人講座―ピンポイント攻略シリーズ)

漢文重要単語集


もともと雑誌『受験の国語 学燈』で出版された内容が書籍化されました。
漢文法を使っていて、英語のように文型で漢文を読みます。
この本を読むと、返り読みをしなくても白文で意味がとれるようになります。
当然、そう読めた方が意味もとりやすい。
もちろん、常に白文で読めるようになるというわけではないのですが、段違いで読み易くなります。
その昔、英語にレ点をつけようという運動があったのを思い出す。


問題集です。成績にそんなに影響あった気はしないけど。
漢文で使った問題集はこれだけです。


読んでておもしろかったです。孔子の弟子、子路が醢になった話は戦慄した。
中国では一、二、三(たくさん)しかないって話はこの本だったかな?
1,2,たくさんしかない。千里眼の千里はとてつもなく遠いことの比喩。千差万別と同じ使われ方だ。

スポンサーサイト

古典

古文解釈の方法

古文解釈の実戦 初級問題集

古文解釈の完成 中・上級問題集

東大の古文は平易な文章が出題されるのですが、答え方が難しいことが多いです。
古文は左『古文解釈の方法』と真ん中の本『古文解釈の実践』を用いていました。
この本のおかげで古文が読めるようになりました。センスが身についたと言ってもいいかもしれないです。
『ビジュアル英文解釈』古文版のイメージでいいと思います。
『古文解釈の完成』までは使いませんでした。よほど時間が余らなければ必要ないはずです。
『古文解釈の実践』までで東大に対応できます。 これは、あくまで解釈であって、採点基準にしたがって記述答案を書く練習ではないです。
あくまで古文を読めるようになるための段階です。
当時の人々が何を考えていたのか、どういった生活や風習だったのかを知らないとまともに読めないです。

読み解き古文単語 改訂版

本書は『速読英単語上級篇』みたいなイメージでとらえてもらえればいいのですが、
そこまで古文に時間をかけたくなかったため、僕は最初の数ページでやめました。

田中雄二の漢文早覚え速答法―試験で点がとれる (大学受験V BOOKS)

最低限必要な事項が詰まってます。
昔はどうだったか知らないですが、今はこの本だけでは対応できないと思います。

宮下の漢文ホットバイブル

宮下典男の速解即答 漢文15の秘訣 (達人講座―ピンポイント攻略シリーズ)

漢文重要単語集


もともと雑誌『受験の国語 学燈』で出版された内容が書籍化されました。
漢文法を使っていて、英語のように文型で漢文を読みます。
この本を読むと、返り読みをしなくても白文で意味がとれるようになります。
当然、そう読めた方が意味もとりやすい。
もちろん、常に白文で読めるようになるというわけではないのですが、段違いで読み易くなります。
その昔、英語にレ点をつけようという運動があったのを思い出す。


問題集です。成績にそんなに影響あった気はしないけど。
漢文で使った問題集はこれだけです。


読んでておもしろかったです。孔子の弟子、子路が醢になった話は戦慄した。
中国では一、二、三(たくさん)しかないって話はこの本だったかな?
1,2,たくさんしかない。千里眼の千里はとてつもなく遠いことの比喩。千差万別と同じ使われ方だ。

過去問

センター試験が終わってからの一か月はひたすら数学、英語、物理、化学の25ヵ年を解いていました。
僕の時は古典はまだ出てなかったと思います。
現代文は対策したからといって伸びると限らないので全然対策しませんでした。
それと、鉄緑会から出版されている過去問を解いていました。
鉄緑会は東大専門予備校の一つです。
この過去問を解きまくる作業をしなかったら僕は落ちていたと思います。
毎日一年分時間はかって解いて、二次試験直前までの一か月間で約1週間を残し全部終えました。
数学は時間もそんなにはからず頻繁に解いていたのでさっさと終わっていましたが。
最近の問題の方が重要なので、僕は直近の年から始めて時代を遡るようにして毎日解いていきました。
頻繁に新しく刷られてるようなので購入の際には掲載されている問題の年に注意してください。

東大の英語25カ年[第5版] (難関校過去問シリーズ)

赤本843 東大の理系数学25ヵ年

東大の物理25カ年[第2版] [難関校過去問シリーズ]

東大の化学25カ年[第2版] [難関校過去問シリーズ]

東大の現代文25カ年[第5版] [難関校過去問シリーズ]

東大の古典25カ年[第5版] [難関校過去問シリーズ]

東大の日本史25カ年[第2版] [難関校過去問シリーズ]

東大の世界史25カ年 [難関校過去問シリーズ]

数学、物理、化学については内容に不満はありませんでした。
解説は優れていて使いやすかったです。

2012年度用 鉄緑会東大数学問題集 資料・問題篇/解答篇 2002‐2011

2012年度用 鉄緑会東大古典問題集 資料・問題篇/解答篇 2002‐2011

本書は高いのですが、情報が詰まっています。
冒頭の採点基準やアドバイスのページは受験勉強を始めた早いうちに読んでほしいものです。
数学は参考程度にしか使いませんでしたが、古典はほぼこれしか使ってませんでした。
解説を読むのにも数時間かかってました。
驚くべきほど詳述されていています。
採点基準はしっかりしているので非情に勉強になりました。
入試初日の朝の電車でもこの本を呼んでいました。
解答の際にはコツ、マナー、原則とでも言うべきものがあるのです。

・現代語訳では一語一語全てを訳す
・「~~はどういうことか。」と尋ねる説明問題は「~ということ。」で終える。句点をつける。
・理由をきかれたら「~~から。」もしくは「~~からである。」の形式で答える。
・現代語訳する際に一語も落とさない。
・解答欄が余ったら、何か要素が足りないと思うべき。要素を重複させて答案に盛り込むのは無意味。
・一行あたりの縦横の長さは...
・一行あたりの文字数の目安は...

といった絶対に知っておかなければならない事項があるのです。
僕は予備校や本書を通して知りました。
東大模試の採点をしていて、難関校の多くの受験生はある程度守っているのですが、
それでもほとんどの受験生は訳し落としや訳さず原文のまま書いたりして減点されています。
「考友」といった日本語にない言葉はもちろん訳します。
この場合は、「親孝行、友情(実際は兄弟愛だが、その答えは高度なので友情でも許容)」。
「ほとんど」という平易な言葉すらも訳します。「大半」、「恐らく」などに換えます。
訳さず原文のまま答えにしては、現代語訳をサボったみたいです。
これらのことは古文のページに別稿します。
本書は過去問の割に薄いです。解説も大学への数学っぽさが全開です。
解説が簡素なことで逆に使いやすいかもしれません。
数学は本書である東京出版、鉄緑会の匣に入った過去問、25ヵ年の3冊の解説を比較しながら解いていました。


センター試験

二次試験の勉強をしている人でもセンター試験はある程度対策する必要があります。
東大の場合は足切りされなければいいのですが、ギリギリ足切りを通過するようでは、
通っても自信がなくなりますし、センター試験の点数がいくら圧縮されるからといって、
二次試験で換算して10点も差がついてると、二次試験でその10点を埋めるのは大変なことなのです。
勉強してる人なら、ある程度の成績からは二次試験の点数を1点上げるだけでも大変なことを知ってると思います。
おもにセンター試験必勝マニュアルとセンターパック模試で対策していました。

センター試験必勝マニュアル英語 読解編 改訂版

センター試験必勝マニュアル英語〈発音・文法〉

センター試験必勝マニュアル英語リスニング

英語についてはあまり印象にないのですが、発音・文法は目を通してみてほしいです。
発音なんかは重点的に対策しないと落としてしまうし、感嘆に対策するだけでも正当するようになります。
リスニングについてはこれを書いてる今では使ったのか使ってないのかすら覚えてない。

センター試験必勝マニュアル国語〈現代文〉

センター試験必勝マニュアル国語(古文) 改訂版

センター試験必勝マニュアル国語(漢文) 改訂版

現代文は解き方マニュアル。
評論文を読んだりするが、主に「"絶対"が含まれる選択肢は間違い」といった法則で問題を解いていく。
漢文の感嘆

センター試験必勝マニュアル数学1A 2012年受験用

センター試験必勝マニュアル数学2B 2012年受験用

当初は二次試験の勉強をしていればセンター数学の対策は要らないと思っていたのですが、
思うように点数がとれなかったため、浪人のときは直前になって対策しました。
二次試験とセンター試験は全く違います。
センタ―試験ではとにかく時間がないです。少し計算ミスって詰まったりするだけで解ききれなくなります。
この『センター試験必勝マニュアル』は圧倒的にオススメです。
月刊雑誌『大学への数学』を出版している東京出版による書籍です。
ここに載っているやり方で解けないセンター試験の問題はないはずです。
とにかく、ただ点数をとるためだけに書かれた、そんな本です。解答欄の桁数から答えをしぼったりと、
そういった姑息な手もあれば、トレミーの定理をはじめ役立つ考え方も載っています。
時間がない人でもこの本を読み、センター数学の勉強の際には手許にこの本をおいてほしいです。

センター試験必勝マニュアル化学1 2012年受験用

センター試験必勝マニュアル物理1 2012年受験用

数学ほどではないですが、この本は物理と化学もおすすめです。
二次試験対策が十分できてる人はセンター対策しなくてもいいかもしれないですが、
一部でセンター試験でしか問われないような問題、例えば魚群探査機の波長といった問題があるので、
一読してもいいかなと思います。薄いですし。センター対策がとりあえずこの一冊でできるので楽です。

新出題傾向対応版 センター試験倫理の点数が面白いほどとれる本

とりあえず最初に読んでみていい本です。あまりずっと使うような本でもないですが。
3回ぐらい読んでそれぞれの思想家についてある程度覚えたらさっさと問題演習に入りましょう。
自分が使ったのは上記の本だが、今は著者が代わって新しくなってるらしい。
使ったことないがあまり評判がよろしくないようでオススメできない。

センター試験倫理48テーマ&演習―新課程 (東進ブックス―大学受験高速マスターシリーズ)

上記の本の代わりにこちらを使ってもいい。
寧ろ以前のセンター倫理は知識だけで解けたが最近は読解力も問うので、こちらの本がいいかもしれない。
すぐ読めるはずなので両方ともやってもいいですが。

マーク式総合問題集倫理、政治・経済 2012 (河合塾シリーズ)

この本は繰り返し使って全部覚えました。
参考書を繰り返し読むより問題演習をした方が覚えられます。効率的です。

ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙

新装版 ソフィーの世界 上―哲学者からの不思議な手紙

新装版 ソフィーの世界 下―哲学者からの不思議な手紙

1991年に出版されたファンタジー小説です。世界中で大ヒットとなり映画にもなりました。
もちろん日本でも大ブームでした。
本当に初めての人が好む哲学の文字通り入門書です。
自分が読んだのは左の分厚いハードカバーでしたが、おもしろかったので一気に読み進めました。
今は真ん中と右のソフトカバーも出ているようですね。
プラトンからデカルトやヒュームまで様々な思想家が紹介されていきます。
僕がセンター試験本番で解いた問題の中にはこの本で得た知識に基づいて答えられた問題もありました。
センター対策本とは違った切り口からそれぞれの思想家が紹介されていくので、読むたびに意外な印象もあるかもしれません。
もちろん通常の受験生にはこんな本読む暇ないかもしれないのですが、紹介せずにはいられない本です。

大学入試・センター突破計算力トレーニング 上 新訂版

大学入試・センター突破計算力トレーニング (下)

平易な計算練習。有理化や因数分解。

化学

化学I・IIの新研究―理系大学受験

化学I・IIの新演習―理系大学受験

700ページほどあります。索引も充実。
読んでて面白く読破しましたが、受験においては非効率だったかと思います。
新演習はかなり使いましたが、自分に合ってなかったのか成績につながりませんでした。
新研究と対応してはいない。

新出題傾向対応版 大宮理の 化学[理論化学編]が面白いほどわかる本

大宮理の化学(無機化学編)が面白いほどわかる本 新出題傾向対

新出題傾向対応版 大宮理の 化学[有機化学編]が面白いほどわかる本

入門のためにこの本使いましたが、わかりやすくするためにただ量があるだけで良書ではないです。
この本を3周もしたのは時間を無駄にしました。

鎌田真彰の化学理論化学―合格点への最短距離 (計算問題解法編) (大学受験Do Series)

福間智人の化学無機化学―合格点への最短距離 (大学受験Do series)

鎌田真彰の化学有機化学―合格点への最短距離 (大学受験Do Series)

コンパクトにまとまっていて紙面も見やすく初心者にオススメです。
別冊の冊子も参照しやすいです。一浪のときに少し使っていました。

化学の計算―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)

原点からの化学無機化学 改訂版 (駿台受験シリーズ)

有機化学 4訂版―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)

化学の理論―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)

化学の発想法 改訂版―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)

僕が一浪、二浪時に愛用していた参考書です。
内容は少し高度で本によっては混成軌道についても取り上げています。
平易な語り方で進むので読み易いと思います。
これらの本で丸暗記をしなくても化学を因果関係にもとづいて理解できるようになります。
つまり化学のセンスが磨かれます。僕は5冊とも目を通しましたが、通常そこまでする時間はないです。
特にオススメは『化学の計算』、『無機化学』の二冊です。
化学の計算では理論問題の計算を扱います。
計算に主体がおかれるのではなく、計算が登場する化学の問題をどう解くかに着眼点があります。
単位を主役にする本書は僕もその後ずっと採用しました。
無機化学では半反応式が反応のイメージで書き下ろせるようになります。
わからなくなるたびに本書を参照することでセンスが磨かれ解けるようになりました。
電気分解はよく混乱したので『原点からの化学 無機化学』と『化学I・IIの新研究』を頼りにしていました。 またよく使っていたのは『原点からの化学 有機化学』でした。
有機化学に登場する反応、ヨードホルム反応から重合までを平易ながら詳らかに解説していて、
グルコースの解説も立体的なイメージが湧きやすく優れています。
ケト-エノール平衡(ケト-エノール互変異性)ラジカル重合という言葉も登場するのは本書か『新研究』ぐらいです。
ケト-エノール互変異性ぐらいは知っておいたほうが解きやすいですがラジカルあたりまでいくと必要かわかりません。
ただ、東大の化学の問題は考えさせるような問題も出ることがあるため、
こういった知識、センスはあった方がいいのかなとも思います。
自分は化学の点数がそんなによくなかったのであまり語れないのですが。

化学I・II標準問題精講

難易度がちょうどいいです。
入試で落とすわけにはいかない標準問題が揃ってます。
浪人2年目に使いました。おすすめ。
浪人2年目に使いました。
amazonで在庫がなく、オンデマンド出版で購入しました。
難しい問題が多かったですが解説が充実していて力が付きました。

有機化学演習 (駿台受験シリーズ) 増補改訂版

東大の有機化学はたしか10年ぐらい前は易しかったので、特別対策して落とさないようにするべき対象でした。
最近の有機化学はそんなに簡単でもないと思います。
しかし理論と無機よりはいくらかとりやすいと思うので対策する価値はあります。

視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録 改訂版

無機の色は写真で見た方がずっと覚えられます。

プロフィール

深夜カップ麺

Author:深夜カップ麺
2010年東京大学理科一類に入学しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
全記事表示リンク
東大生ブログランキング

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。